『滞りなく』

お疲れさまで~す。( ̄ロ ̄)
清藤さんです。
本日 外でのお仕事 第②段! です。 p(^^)q
花田ⅢD-H-260211地鎮祭画像 002
只今 準備中 ε=┏( ・_・)┛
早送り > > >
花田ⅢD-H-260211地鎮祭画像 003
神主さんのはからいで、三方を囲いました。 寒さよけです。
(お心遣いありがとうございます~。(>_<)) 花田ⅢD-H-260211地鎮祭画像 005
祭場の完成で~す!! (o^o^o)
ということで、神を祀って工事の無事を祈ります「地鎮祭」 が行われました。
『地鎮祭の流れ』
「修祓(しゅばつ)」
祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。
「降神(こうしん)」
祭壇に立てた神籬に その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。
神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。
「献饌(けんせん)」
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。
酒と水の蓋を取る。
「祝詞奏上(のりとそうじょう)」
その土地に建物を建てることを神に告げ 以後の工事安全を祈る旨の祝詞奏上する。
「四方祓(しほうはらい)」
土地の四隅をお祓いをし 清める。
「地鎮(じちん)」
刈初(かりそめ) 穿初(うがちぞめ) 鍬入(くわいれ)等が行われる。
設計・施工・建主に振り分けることが多い。
* お砂の山(画像右下)に 「エイ・エイ・エイ」の掛け声と共に 鍬を入れます。
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」
神前に玉串を奉り 拝礼する。玉串とは 榊に紙垂を付けたもの。
* 二礼二拍手一礼をします。(二回おじぎ、二回拍手、一回おじぎ。)
「撤饌(てっせん)」
酒と水の蓋を閉じ お供え物を下げる。
「昇神(しょうしん)」
神籬に降りていた神を もとの御座所に送る儀式。
以上をもちまして『地鎮祭の儀』が終了致します。
最後に「直会(なおらい)」といって 当地でお神酒で乾杯します。
あらためまして
H様 本日は おめでとうございます。
また 寒い中での地鎮祭でしたが 風邪ひかない様お気を付けください。(*^^*)
いよいよ H様のオンリーワンの「わが家造り」が始まります。
弊社スタッフ一同 全力で造らせていただきます。
p(^^)q
夢を…理想を…「わが家」に!! 細かい(?!)「お打合わせ」が あらたに始まります。
一緒に がんばってまいりましょう!p(^^)q
どうぞ宜しくお願い致します。m(__)m
花田ⅢD-H-260211地鎮祭画像 011
滞りなく『地鎮祭の儀』終了。(=^▽^=)ノ
そして・・・お片付け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)